eikou-policy-01

栄光学園 広路教室のポリシー   「子どもの守護神となる」

授業のインプットだけでは定着しない?! 塾の授業をまじめに受けているの成績が上がらない?!・・・・ 残念ながらそんな魔法のような塾や教材、勉学に楽な道はありません。 栄光学園 広路教室のポリシーは 「①授業でインプット+②自習学習でアウトプット」 のトータル管理することで毎日の勉強習慣を育てます。 授業がない日にちにアウトプット自習学習も通して、 毎日勉強をする習慣がつく環境が栄光学園 広路教室にはあります。 なぜなら授業でインプットした内容を、自習の時間も使い、アウトプットすることでさらに理解が深まり、分かった! につながります。 その場が自習室であり、自習管理も含めてインプットとアウトプットの組み合わせの強化によって結果をつけていきます。 ええっ?? 毎日勉強?・・・最初はウっくるかもしれません。 しかしこれが環境のすごさです。 次第に皆生徒はその環境に慣れ、毎日少しずつの学習することが習慣になります。 課題も与えられ、そして皆が学習している雰囲気に入ることで無理なく自然な流れで習慣づけることができます。 無理な課題、無理な勉強時間は絶対に続きません。 自然と環境に身を置くことで最短で、負担なくスタートができます。

①授業: 1:2の授業しかできない繊細な質問も可能

大きなブログ画像 生徒が3~4人などの複数授業でなく、 2人までの個別指導ですので分からないとこをにポイントを絞って授業で進めることができます。 カリキュラムの授業は学校で皆が一度は受けています。 学校では行き届かない面をきめ細やかにサポートできることが個別指導の良さであり、 内容・進捗・量もひとりひとりの生徒様にあった内容で進む事ができます。 苦手をつぶしたい生徒様、先に進みたい生徒様、基礎を定着させたい生徒様、応用問題にチャレンジしたい生徒様。 一人一人のご要望に応じて相談しながら納得できるまできめ細やかにサポートしていきます。 これは1:2の授業だからこそできる真に分からなところを分かるまで1人1人に説明をできる授業構成になってます。

②自習:常に質問ができる自習空間

eikou-equip-03 アウトプットをして理解度を確認する大切な時間。 分からない問題があるとストレスですね。 しかし常に質問ができる環境が整っており授業の個別ブースの隣に開放的な自習室があります。 教室長が全体を見渡すことができ、誰が何をどのように進めているのかをリアルタイムに把握することができます。 分からない質問も常備すぐに質問ができるよう声掛けをし手が止まっていないか、 課題はこなせているか確認しています。 それも自習も含めたトータル学習を管理することに重きに置き、 授業だけで完結することがなく、授業の延長にアウトプットができる舞台である自習室を開放しています。 また冷蔵庫・電子レンジも常備し ブース席の自習室も設けています。 常に集中して、快適に勉強に取り組める環境が整ってます。