2015年5月8日 8:10 am

西田先生からのメッセージ

いよいよ中間テスト

課題テストで自分なりに悪かった科目、良かった科目それぞれあるとおもいます。当然の話にはなりますが、最低でも良かったものは現状維持、悪かったものは少しでも良くしなければなりません。ただ、全部を一度に良くしようとするのではなくて、科目を絞るといいと思います。たとえば前回英語がことさらに悪くて自信を無くした人は、英語以外は捨てるくらいの覚悟(実際に捨てちゃダメですが)で集中して英語に取り組んで、英語に対する自信をつけましょう。若しくは、自分が好きではあるがあまり良い結果が残せなかったとき、まずはその教科から頑張って結果を残してみるなどです。1教科の勉強の仕方、そして結果が残せすことができるならば2教科目、3教科目も取り組む姿勢、やり方はさほど変わりはありませんので、時間の問題で結果はついてくるでしょう。しかし、1教科もきちんとこなせないのに、あっちもこっちもでは中途半端のどっちつかずです。まずは1つをきちんと極めていきましょう。
一度成功体験があれば次からもうまくいきやすいと思います。
thU0QHEWN6

 

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.