2016年9月30日 8:31 pm

井上先生からのメッセージ

久しぶりに一緒に授業を

今月お話するのは、私が担当している中学3年の女の子の生徒についてです。
以前担当しておりテストこまで久しぶりに授業をうけもちました。
正直な感想として、昔受け持っていた頃のその子は勉強が出来るとも集中力や熱意があるとも言いづらく、
むしろ勉強が嫌いだと口にしていました。もちろん授業は一生懸命聞いて取り組んでくれるのですが、自分が納得いくまで質問して理解しよう!というような姿勢は感じられませんでした。

ですが、久しぶりにその子の授業を担当した時に、かなりの成長を感じられて驚きました。
まず、格段に学力が上がっているのを感じました。そして何より、その子のワークを見せてもらった時に、その書き込みの多さにとても驚きました。間違えたところには色ペンで細かく訂正が書いてあり、余白が足りなければ付箋に書き込んで貼り付けていました。さらに、授業への取り組み方も大きく変わっており、嫌い・苦手だと言っている科目に対しても、私の解説を納得いくまで自分で噛み砕いて理解し、それを自分なりの言葉でノートにまとめている姿を見て、本当に別人のようだと思いました。
生徒の皆さんの勉強のサポートをするのが私達講師の仕事であり、あくまで勉強をする主体は生徒の皆さん自身です。そのため、本人のやる気や積極性が学力向上には不可欠です。私達もやる気のある生徒さんにはより気合を入れて自分の持つ最大限の知識を伝えなければと感じます。そのやる気を引き出すことも含めて、これからも講師として生徒の皆さんと一緒に成長していけたらいいなと思っています。頑張りましょう。
yjimage8qqq4a0r-jpgdd

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.