2016年1月26日 6:44 pm

井上先生からのメッセージ

思い込みの力

皆さんはプラシーボ効果という言葉を知っていますか?
プラシーボというのは医学用語で「偽薬」という意味を指します。
例えば、不眠症の患者さんに「これは睡眠薬ですよ」と言って偽薬(睡眠薬ではない薬)を処方すると、
思い込みの力によって不眠症が改善することがあります。これがプラシーボ効果です。つまり、思い込みの力は侮れないということです。
今回なぜそんな話をしたかというと、このプラシーボ効果というのは勉強においても働くからです。実験によると、「君たちは知能の高い生徒であり、最高の学習環境を与えられている」と言われた生徒たちは平均よりも遥かに高い水準の成績を収めたそうです。ですが実際にはその生徒達はランダムに選ばれたに過ぎず、学習環境もそう特別なものではありませんでした。つまり、思い込みの力によって彼らの成績は大幅にアップしたのです。
ですが、このプラシーボ効果というのは悪い方の思い込みにも働いてしまいます。つまり、大事なのは普段からプラス思考の思い込みをすることです。もちろん、過度なプラス思考はただの自惚れになってしまいますが、適度にポジティブな思い込みをすることでそれが現実になる可能性はとても高いと思います。皆さんも「どうせ自分なんて…」と思うより「自分は出来る!」と思いながら生活を送って、プラシーボ効果の力を借りてみてはいかがでしょうか?

th3HIBDVKG

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.