2015年12月26日 12:34 pm

冨沢先生からのメッセージ

勉強の効率をあげてくれる強い味方

みなさんは普段付箋使ってますか?
使っているという人も、宿題の場所の目印程度しか使ってないという人多いんじゃないでしょうか?

付箋は勉強の効率をあげてくれる強い味方だと僕は思います。
特に受験期のときにすごく多用してました。
使い方としては、間違えた問題、自分が重要だなと思った問題に付箋を貼る。それだけです。
でもこれだけで勉強の効率ってすごく上がるんです。

勉強って、自分が解ける問題を何回も解いていても成長しません。
自分が解けなかった問題を解けるようになってこそ、1ランク上にあがれるのです。
その間違えた問題を、ここにありますよ~って教えてくれるのが、
そう、付箋です!
間違えにも、計算ミスやあと少しでわかった、完全にわからなかったなど、様々だと思います。
その中でも自分がもう一回解くべきだなと思う問題に付箋を貼っておきましょうね。

問題集を1冊やり終えたとします。付箋の貼ってある問題をもう1回解き直してみましょう。
それをするのとしないのでは、その問題集の定着度がまったく違ってきますよ。
付箋が貼ってなかったらどうでしょう?
そもそもやり直す気が起きませんよね?赤で直してある問題を全部解き直しますか?それは効率が悪いです。
効率よく勉強する!これはほんとに大事なことです。
みなさんも(特に受験生の人)効率よく勉強するためにぜひ付箋を活用しましょう。

th

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.