2015年7月28日 8:11 pm

山本先生からのメッセージ

皆さんはコンピュータを何に使っていますか?

近年、コンピュータは、本当に身近なものになりました。
僕たちが小学校の低学年のころは、まだ一家に一台ですらパソコンは普及して
いませんでしたが、今は、もしかすると一家に複数台パソコンがあるなんていう
家もあると思います。
さらに最近では、スマートフォンも広く普及しています。
では、皆さんはコンピュータを何に使っていますか?
趣味ですか?勉強や調べものですか?
そもそも、コンピュータは、娯楽や情報収集のためではなく、
物事を「計算」するために作られました。
そのため、漢字では「計算機」と呼ばれます。
たとえば、大砲を撃つときに、どんな角度で撃てば敵に命中するでしょう。
相手に知られたくない「情報」を相手に伝えるときには暗号を使います。
人の手で「情報」を暗号にするのはとても大変です。
このように、人間が計算するととても大変で時間のかかる計算を
自動的にやってもらおうとして作られたのがコンピュータです。

いつしか、コンピュータは計算するものというよりも、
「ネットにつなぐもの」だとか、「書類をつくるもの」というイメージのほうが
強くなっています。
しかし、今でも「計算」のためのコンピュータは、さまざまなところで存在します。
国内で有名なものといえばスーパーコンピュータ「京」です。
1秒間に1京回の計算ができます。
この「京」は、新薬の開発や、災害のシミュレーションなど、人間が行うと、
とてつもなく時間のかかる計算を、正確かつ迅速に行ってくれます。

現在でも、さらに高性能なコンピュータが開発されています。
今は難しくて実現できないと思われている問題も、
いつかコンピュータが答えを計算してくれる日が来るかもしれませんね。
yjimage...

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.