2015年7月19日 5:58 pm

井上先生からのメッセージ

暗記は不可欠

勉強において、暗記ということは不可欠です。そして、勉強が苦手な理由として「暗記ができない!」ということを挙げる方も多いのではないでしょうか。でも、逆に考えてみると、暗記というのはきちんと覚えさえすれば必ず点が取れるということです。つまり暗記をマスターすれば学力アップは間違いない!
ということで今回は暗記のコツを皆さんに少しお教えしたいと思います。
まず、暗記というのはいかに脳のいろんな部分を活性化するかにかかっています。どういう事かと言うと、書く・見る・読み上げるの全てを行うと、手・目・耳・口の全てが働きます。するとそれぞれの脳の部位の活性化が起こるため、どれか一つのみを行うよりも脳に知識が定着しやすくなるのです。少し面倒ですが一番おすすめしたいのは、教科書を読んでその内容を自分なりにまとめ、それを繰り返し読み上げる、ある程度覚えてきたら今度は誰かに説明するつもりでまとめを見ずに話してみる、という手順です。私は実際にこの方法で暗記科目を克服していたので、ぜひ試してみて下さい。
そしてもう一つ、夜眠る30分前の勉強は出来れば暗記科目にしてみて下さい。暗記したことは眠っているあいだに脳の中で整理されるので、朝起きると驚くほど定着していると思います。(本当はダメですがどうしてもテスト前日に暗記科目の勉強をしなければならない時も、徹夜でやるよりは教科書を読み上げながら大事な語句を紙に書いてから寝た方がよっぽど覚えられます。)
この2つのポイントを押さえれば、暗記科目が得意!と胸を張れるようにきっとなれると思います。ぜひお試しください。
thC3JIPG8D

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.