2016年10月28日 4:31 pm

山本先生からのメッセージ

歴史の出来事には必ず理由が伴います

今回は,担当している中3の生徒さんですが
主に,数学を見させてもらっていますが,
証明が得意と言っているだけあり,よく書けている印象があります.
ちょうどいま,数学は図形の単元に入り,証明が出てきているところです.
1年ぶりの図形の証明なので,最初,多少忘れているところもありましたが,
それは最初だけで,思い出してくるとさらさら解いている印象があります.
また,「どうして」という気持ちを強く持って勉強に取り組む姿勢は素晴らしい
と思います.
教えている側としても,確かにそこは気持ち悪いよなあというところを突かれて
いるので,目線は良いと思います.
特に,社会の歴史では,大きな出来事には必ず理由が伴います.
例えばアヘン戦争はどうして起こったのかと言えば,イギリスが(インド経由で)
アヘンを清に送りつけたからです.
ではどうしてアヘンを送りつけたのか,など必ず出来事には理由があります.
誰かが得をしたいから大きな出来事が起こっていきます.
歴史は特に,このように流れを追って見ていくのが非常に重要で,
そのためには「どうして」という視点が実は非常に重要だと僕は考えています.
対して,日頃,勉強する上ではこういった疑問を持つことは非常に重要だと思い
ますが,
テスト期間はやはり時間がないので飲み込むしか無いところがあるのは事実です.
これからも,時間が許す限りいろいろな疑問を持って勉強に取り組んでほしいと
思います.
yjimageoedj23c7-jpgdd

あん

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.