2016年7月26日 8:00 pm

井上先生からのメッセージ

自分がどう生きたいか、そのために何を学びたいか

今回は中学、高校の間にやっておくべき、考えておくべきだったと思うことについてお話しようと思います。
私は今、名古屋大学の理学部の生命理学科というところで勉強しています。
それは、高校3年の時にそこに行こうと決めたからです。
勉強している内容は、皆さんが今勉強している「生物」を少し難しくしたような感じのことです。
私は今自分のいる学部学科に後悔はしていないし、学びがいのある内容だと思っています。
ですが、高校の時に自分がしたいと思っていた勉強かと言われると少し想像とは違っています。大学に入ってから、私のしたかった勉強をするなら、ここではなく医学部の保健科というところに行ったほうが良かったということを知りました。
私は高校で志望校を決める時に、自分がどう生きたいか、そのために何を学びたいか、
ということをしっかり考えるのを怠り、ただ親や先生に勧められた学部に入りました。それが間違いだとは思っていないし、ここに来なければ出来なかったこともたくさんあると今では思っています。ですが、是非みなさんには今のうちに、自分が将来どう生きたいかについて考えておいて欲しいと思います。今はまだ全然ピンと来ないと思いますが、それでも一度きりの自分の人生が他の誰でもなく自分のものであることを自覚してみてくださいね。
yjimageCOF4L5I9.jpgdd

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.