2016年6月30日 5:06 pm

吉田先生からのメッセージ

なぜ自分について知る必要があるのか

まずはじめになぜ自分について知る必要があるのか。
私たちはある程度自分のことを理解しているつもりで日々を過ごしています。しかし、自分が思う自分のイメージは、時として違ったり、周りはそう思っていなかったりすることがあります。例えば、自分はコンプレックスだと思っていても、周りはそんな自分を普通に受け入れてくれていたりもします。もっと自分について知ることができれば今以上に努力をする必要は無くなると思います。
どのようにして自分について知るか。
自分について知る方法はいろいろあると思います。その中でいくつか紹介したいと思います。
・自分の固定観念についつい考えてみる。人は固定観念を強く持ちます。自分が信じているもの、当たり前だと思っていることから見直していくことが大切です。「~しなければいけない」や「~べきだ」「~だろう」といった考え方が、あなたの持っている固定観念であると言えます。周りの人が殆ど同じ考えだから、良いとか悪いとかいう問題ではなく
そういった考え方があなたの中にあるのだという事に気づく事が大切だと思います。それが自分を知るという事にも繋がります。
・自分のメンタルの弱い面を知る
例えば、失敗するのが嫌、すぐにかっとなる、失敗を隠したくなる、言い訳したくなる、人と比べてしまう
などいくつかは当てはまることがあると思います。自分と向き合う必要などないと思う、そのメンタルこそが自分の弱さの表れかもしれません。
yjimage5G2XPNT5.jpgnnn

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため計算してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.